コーヒー・紅茶 > V60メタルドリッパー(シルバー)/ハリオ

HARIO / ハリオ

V60メタルドリッパー(シルバー)

3,000円(税抜)

HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

世界中のプロが愛用する円すい型のステンレスドリッパー

コーヒー豆本来の味を引き出すと言われる、
円すい型のステンレスドリッパー。
注目すべきポイントは大きく分けて三つ。
まずは注いだお湯が中心に向かって流れていく円すい型。
この形はお湯が粉に長く触れる為、
コーヒーの成分を十分に抽出してくれます。
次にドリッパーの内側に付けられた独自のスパイラルリブ。
この溝はペーパーとドリッパーの間に通り道を作り、
蒸らし効果を高める働きをしています。
もうひとつは中心に開いた大きな穴。
これは注いだお湯が溜まらない構造になっていて、
しっかりと濃厚な味を楽しみたい時にはゆっくり。
すっきりとした味わいを楽しみたい時には少し速めにと、
注ぎ方を変えることで
さまざまなテイストのコーヒーを楽しむことが可能。
お手入れや持ち運びもしやすいので、
アウトドアシーンにもお使いいただけます。
これからハンドドリップをはじめたい人にも
おすすめの定番ドリッパーです。

HARIO / ハリオ / Japan

1921年に創業以来、耐熱ガラスを中心とした商品の企画・製造・販売を行っているハリオ。日本では唯一、国内にガラスの製造工場を持ち、人体はもちろん環境面でも安心・安全な製造を心がけるメーカーでもあります。その品質、信頼の高さから世界中にも進出する日本を代表するブランドです。

HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

大きめのプレートマットが付いているのでカップやサーバーを限定せず、さまざまな組み合わせが楽しめます。V60シリーズ専用のペーパーフィルターはつまみが付いているので、使用する際にスムーズに開けます。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)
  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

V60メタルドリッパー(シルバー)/ハリオ

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    V60メタルドリッパー(シルバー)
    1〜4杯用V60ペーパーフィルター(ホワイト)100枚入り
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • 獲得ポイント:64pt
  • 注文数量

  • カートに入れる
商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    注がれたお湯が粉の層にしっかりと触れる円すい型のドリッパー。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    スパイラルリブと呼ばれる、ねじれのある溝。ペーパーがドリッパーに密着せず、空気の通り道ができるのでしっかりとした蒸らしとスムーズな抽出が可能。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    プレートマットは幅があり、カップなどに直接セットすることができます。シリコン製で滑りにくく、取り外しも可能です。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    大きな穴はお湯が溜まることなく、注ぐ速度で好みのテイストに抽出ができます。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    ステンレスの取手はドリップの際の調節や収納時に吊るしておくにも便利です。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    計量スプーンが付属されています。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    V60用の円すい型ペーパーフィルターもございます。

  • HARIO ハリオ V60メタルドリッパー(シルバー)

    台形ドリッパーをお使いの方は下部を折り返すことでお使いいただけます。

【材質】
ドリッパー:ステンレス
プレートマット:シリコーンゴム
軽量スプーン:ポリプロピレン
【サイズ】
ドリッパー
 直径12cm×高さ9cm(取手部分除く)
軽量スプーン
 すりきり12g
【備考】
容量:1-4杯 食器洗浄機 ○
生産国:日本

【ご購入前に知っておいていただきたいこと】

メーカーの品質基準をクリアし当店にて検品後、
商品をお届けしておりますが素材の特性や製造工程上、
以下の点が生じる場合がございます。

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ドリッパーの内側と外側に見られる焼け跡は取手の溶接加工によるものです。

  • 抽出中はドリッパー本体が熱くなりますので、必ず取手部分を持つようにしてください。